リットーミュージック
楽器検索「デジマート」
リペアショップ&工房ガイド
スタジオ検索
音楽学校情報
音楽レッスン情報
RandoM

【お知らせ】当サイトの価格表記は税抜価格となっております。※税込価格の場合は価格の後に(税込)と表記しております。

続・ギタリストのためのリハスタ録音のススメ with “即レコ24”

featuring 西川 進

リハーサル・スタジオで手軽に高音質のマルチレコーディングを行なえる、ヤマハが開発したクラウド型24 ch セルフ録音サービス「即レコ24」。全国各地のリハスタに続々と導入が進んでおり、すでに利用したことがあるという人も多いだろう。そんな即レコ24が、より本格的に活用したいユーザーに向けた新機能を加えてパワー・アップ。そこで今回は、即レコ24の魅力を改めて紹介するとともに、前回の同企画でインプレッションを語ってくれたギタリスト西川進にも再び登場いただき、“進化した即レコ24”を体感してもらった。

“即レコ24”とは?

ヤマハが開発したクラウド型24chセルフ録音システム。即レコ24導入スタジオであれば、手軽に高音質のマルチレコーディングができ、その場でのプレイバックや音源をWebにアップロードすることも可能だ。詳細はこちら

取材:西本 勲/撮影:八島 崇
撮影協力:スタジオベイド下北沢店(http://studio-bayd.com/

「即レコ24」のココがすごい! 〜 即レコ24の基本的な特徴をおさらい

▲録音/再生などの操作はすべてiPad で行なう。操作画面は非常にシンプルなので、迷うことなく使いこなせるはず。

 通常、リハーサル・スタジオでの演奏を録音しようと思った場合、
・自分でレコーダーを持ち込む
・スタジオに常設された機材で簡易的に録る
・本格的な録音サービスのあるスタジオを使う
などの方法が考えられる。しかしどの方法も、準備が大変だったり、満足できる音質がなかなか得られないといった不満がどうしてもつきまとう。

 即レコ24は、“必要な機材があらかじめセッティングされたスタジオで手軽に高音質のレコーディングを行なえる” という特徴を打ち出し、前述の不満を解消した画期的なサービスだ。導入スタジオには、ギター・アンプやベース・アンプ、ドラムなどにすべてマイクがセッティング済みで、普段の練習と変わらない感覚でマルチレコーディングを行なうことができる。気になる音質も、ハンディ・レコーダーのワンポイント・マイクで録った場合と異なり、各パートの音をクリアに再現。練習内容のチェックはもちろんのこと、音源制作にも十分対応できるクオリティだ。

 録音された音はその場ですぐにプレイバックできるだけでなく、専用のサーバーに保存し、スマートフォンやパソコンなどの端末で試聴/ダウンロードすることも可能。これによって、バンド・メンバーや友人たちの間で、録音した音源を簡単に共有できる。さらに、マルチトラックのWAVデータをダウンロードできるオプションも用意されているので、DAW で編集やミックスを行ない、作品として完成させるという使い方も可能だ。

 プレイヤーにとって、リハスタでの演奏を手軽に良い音で録れることは大きな魅力。その可能性をさらに広げてくれるのが即レコ24なのである。
“今はプラグインを使って自宅でもギターの音を作り込んで録音できますけど、スタジオでアンプを鳴らして録った音はやはり違う。どちらが良い悪いではなくてね。それを手軽に体感できるのが素晴らしいし、簡単に録れるということは大胆に使えるということでもある。感性次第でいろいろな活用ができると思います”(西川)

「即レコ24」に加わった新しい機能をチェック!

“重ね録りモード”が新設!

▲録音モードの選択画面。右側の“重ね録りモード”のボタンをタップすると、新たなセッションを始めるか、14日以内の録音済みセッションを呼び出すかを選ぶ画面が現れる。

 従来の一発録りモードに加え、オーバーダビングやパートごとの別録りが可能な重ね録りモードが新設された。バンドで録った音にソロを重ねてもいいし、ひとり多重録音に挑戦してもいい。録音済みのパートを録り直すこともできるので、完成度の高い音源制作を目指すのもアリだろう。録音したセッションは14日以内なら何度でも呼び出すことができるので、ダビングや録り直しを別の日に行なうことも可能だ(同じスタジオで同一のID を使った場合のみ)。

音量バランスやリバーブの調整が可能に!

 プレイバック時にマイクや楽器パートの音量バランスを調整できる機能も追加された。従来は録音した時のバランスで聴くしかなかったので、非常にうれしい進化と言える。さらに、マイクと楽器パートそれぞれに一括でかけられるリバーブも追加され、自然な残響が加わった気持ち良いサウンドに仕上げることができるようになった。通常リバーブを使わないベースとバス・ドラムにはかからないように設定されている点もありがたい。

▲録音した音の再生中にワンタッチで呼び出せる、音量バランスとリバーブの調整画面。ここには早送り/巻き戻し/頭に戻るボタンも新設され、再生時の使い勝手が向上している点にも注目。
▲重ね録りモードで録音済みのセッションを呼び出した状態。印のついた部分が録音済みのパートで、新たに録音するパートを選択する。録り直しを行なうときは、録音済みのパートをタップ。

まだまだあるぞ!「即レコ24」の新機能

  • ・録音した曲を保存した際のファイル名が変更可能に。従来は日付と時間で命名されていたので、より自由に管理できるようになった。
  • ・サーバーへ保存された音源の再生が簡単に行なえるスマートフォンのアプリが無料化。音源の保存期間が無制限になるメンバーズサービスもスタート。
  • ・録音した曲をCD にしてくれる“オーディオCD 作成サービス” がスタート。簡単な音質調整や編集も行なってもらえるほか、マルチデータも進呈。
  • ・即レコ24のシステムを応用したライブ配信サービス“即レコライブ”がスタート。第1弾として、高円寺JIROKICHI でのライブから選りすぐりのパフォーマンスを配信中。
    http://okmusic.jp/sokureko

西川進が“ひとり多重録音”で「即レコ24」の新機能を体感!

▲音量バランスの調整は、前回の取材以来、西川が強く要望していた機能。“リニューアルのひと言では済まされない、音楽的に光が射したと言えるほどの衝撃です。さらにリバーブまで追加されたのは想像以上でしたね” と大絶賛。“12月に『GuitarDJ』という音楽ゲーム・アプリを発売したばかりなので、豊富な機能を扱いやすい形で実現する苦労はよくわかるし、それができているのがすごいと思います”。

“重ね録りモードが新設されたということで、早速それを使ってひとり多重録音に挑戦してみましたが、これは相当いいですね。1日中遊べますよ。最初に一発録りモードと重ね録りモードを選ぶ形になっているのも、使いやすさを考えた結果だということがよくわかります。音量バランスの調整に関しては、以前から密かに望んでいた機能なので、やった!という感じですね。せっかくクリアな音で録れるので、もっとシビアに詰めたいと思った時にバランス調整は大事ですから。リバーブもすごく雰囲気があって、機能として追加されたのはとてもいいですね。そして、これだけ機能が増えても、操作のわかりやすさが保たれているところも素晴らしいです。これから作る自分のソロは、打ち込みを減らして生のドラムを使う曲も多いので、即レコでどこまでやれるのかやってみたいなと、真剣に思いました”(西川)


▲ドラム→ベース→ギター(リズム)→ギター(ソロ)を重ね、ものの10分程度で短い曲の全パートを録り終えた西川。“ドラムは不要な帯域をあらかじめEQ でカットしているそうで、ただ録っただけでもすごくバランスの取れた良い音になりますね。そういう見えない努力も素晴らしいと思います。ぜひ自分の曲を即レコで録ってリリースしてみたいです”。

「即レコ24」導入スタジオ(五十音順)